FC2ブログ

謹賀新年


(1月1日)

明けまして おめでとう ございます
本年も宜しくお願い申し上げます

今日は天候も良く初釣りに行きたかったのですが
飽きまへんなぁ~一口飲むと底なしに
程々にせなアカン~と毎年思うのですが!!
暮れは大掃除もせずに
先日持ち帰ったキャブの大掃除
1901011.jpg
ところがネジ山がボロボロで悪戦
遂に根負けしてしましいました
1901012.jpg
まぁ~えぇかぁ
取りあえず針でチクチクして諦めました
そして、元通りにして
1901013.jpg
次回に取り付け予定です
今年こそはと意欲だけはあるのですが??
またペナルティーとして歳を1つ追加され
さて、どうなるこっちゃ~の
「おっさん」の始まり始まりです
         平成31年 元旦
スポンサーサイト

メンテに行って来ました

(12月23日)
クソ重い尻を無理矢理持ち上げて!!
3ヶ月前、上陸の際老化した血管を発見した
1812241.jpg
もぉ~少しで・・・危ない危ない
補機もメンテ不足で始動不可
「おっさん」悪運だけは強そうなぁ~
まずはスクイズポンプの取り替えから
1812242.jpg
そして、エンジンオイル・ギャーオイルの交換
補機の復活のためキャブを持ち帰り
1812243.jpg
正月休みにゆっくりと掃除してやろう
等々とキリがないので(疲れたので)
また、日を改めて・・・ボチボチと
S船長さんからスミイカが釣れると聞き
午前10時前に
1812244.jpg
3杯を夢見て、せっせと・・・しゃくりましたが
何の反応も無し・・・ヘタくそです
こらぁ~アカン、最後までボ~ではメンツに関わる
小島沖に乗合タチウオ船団
1812245.jpg
よし、タチウオに変更・・・目標5匹
小さい奴が直ぐに
そして、ポン・ポンと釣れて目標を達成し終了
1812246.jpg
タチウオは裏切りませんわぁ~
あと1回行って正月用のタイを釣りたいのですが
そんな腕もありませんし、歳のせいか最近は
そんな根性すら無くなる「おっさん」の今年だった
本年は有難う御座いました
皆様、良きお年をお迎え下さい
平成31年も宜しくお願い申し上げます

友ヶ島水道潮流 (2019年 下半期)

(12月8日)
来年の友ヶ島潮流表・・・下半期
ブログに色々と制限があり印字すると
ちょっと見にくいです!!
1812087.jpg
1812088.jpg
1812089.jpg
18120810.jpg
18120811.jpg
18120812.jpg
寒さも、そろそろ厳しくなるようなぁ~
歳と共に、暑さ寒さに滅法弱くなった
最近の「おっさん」です・・・情けなや~

友ヶ島水道潮流 (2019年 上半期)

(12月2日)
来年の友ヶ島潮流表を作成しました
宜しければ釣りの参考にしてください
ブログに色々と制限があり印字すると
ちょっと見にくいです!!
1812021.jpg
1812022.jpg
1812023.jpg
1812024.jpg
1812025.jpg
1812026.jpg
釣りの方は、ご無沙汰しています
何とか今年中に1~2回は行きたいのですが
どぉ~なる事やらの「おっさん」です

クソ重くなったケッ!!

(9月23日)
まぁ~なんと4ヶ月ぶりです
最近、特にクソ重くなってきやがったケツ!!
大型台風様々のお陰で・・・やっとこそ
台風の前日に○○船長から、くりりん号に
「杭を打ちロープでトレーラーを固定完了」
との非常に優しく有り難いメールが入りました
それでも、ちょっと心配で確認しに・・・渋々
異常なしなら、おまけでタチウオ狙いの助平根性
点検開始・・・特に問題はなさそう
船カバーは当然の結果でしたが一番の被害は
スパンカーロープの船側の金具が千切れて破壊
その他、ちょろ・ちょろ有りましたが
肝心要のエンジンは一発始動で・・・一安心
港の係留艇が・・・なんてこっちゃぁ~
1809231.jpg
こりやぁ~被害甚大
取りあえずは、ここんとこ釣れている小島沖に
さすがに乗合船など多数
ところが暫くすると・・・こんな感じに
1809232.jpg
皆さん淡路沖へ移動
まぁ~えぇ~か、と寂しく
たまに当たりがある程度で何とか
1809233.jpg
指3本が釣れボ~ズは回避
そして、同サイズを追加したところで
1809234.jpg
地の瀬戸沖に移動すると指4本が2つも釣れる
5つ釣れたら終わろうと頑張るが
人生そんな甘いものや・・・おまへんなぁ~
そして、10時30分に撤収
1809235.jpg
これだけ釣れたらえぇ~か?で、そこそこ納得
海は涼しかったが、港はまだまだ暑かった
バイパスが延長して渋滞するので
この時間なら大丈夫だと思ったが箱作から
チョロチョロ渋滞、しやなぃ~と国道に迂回
やっぱし、日曜日はアカンのぉ~
頭カリカリしながら帰る「おっさん」であった